フレンバーから強烈なVAPE登場!

電子タバコの種類【初心者向けVAPEガイド】

電子タバコの種類まとめ

電子タバコの種類はたくさんあって、よくわからない という方のために分かりやすく電子タバコの種類をご紹介していきましょう♡

それではごゆっくりお楽しみください。

使い捨て電子タバコ

ビタボンとビタシグのパッケージ比較

ビタボンとビタシグ

使い捨て電子タバコは、メンテンスが一切不要でその代わり吸い終わったらおしまいです。手軽さは魅力ですが、若干コスパが悪いです。

ケース型電子タバコ

エミリVAPEお目見え

ケース型電子タバコといえば emili

ケースが大容量の充電器になっており、中に紙巻きタバコと同等サイズの小型電子タバコが複数本ストックできます。本体にリキッドを補充して使用します。機能性は、あまりよくありませんが、充電器を兼ねた小型ケースで持ち運びできるので長時間外で利用できる点がメリット。複数本ストックできるので、様々なリキッドが楽しめるのもGOOD。

ペン型電子タバコ

フレンバーワンの外観

フレンバーワン

フレンバーを代表するペン型電子タバコ。機能面も充実しておりリキッド容量も多くメンテナンスも容易。外観も高品質のものが多い。初心者でも取扱しやすいバランスのよい商品といえる。一度充電すれば長くバッテリーが持つのも特徴の一つ。自宅でじっくり楽しむならペン型電子タバコか次のMOD系をチョイスしよう。

MOD系電子タバコ(通称VAPE)

MOD系

MODとは電子タバコのバッテリー部分のことで、BOX MODと言われるタバコケースのようなボックスを指すのが一般的。よくVAPEと言われるのはMOD系電子タバコを指すことが多い。

MODとアトマイザー(リキッドを入れるタンク+リキッドを気化させるためのコイル)を組み合わせることで楽しみが広がる。

機能面においてもペン型に比べ、多機能なVAPEが多い。MODも初心者には選びづらいカテゴリとも言える。

MODとアトマイザーの組み合わせにも相性があるので、アトマイザーを決めたあとに適合するMODを選ぶことになる。メーカーからは、MODとアトマイザーが最初からセットになったオススメの電子タバコが販売されることが多い。

初心者はMODとアトマイザーがセットになったVAPEを購入するとよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

VAPE口コミサイトをチェックしてから購入することをオススメします。