ニコチン入りリキッドは日本で購入可能か?

アイコスやプルームテックとVAPEとの違い

電子タバコ

日本で発売されているニコチン入りの電子タバコには、アイコス・プルームテックがありますが、たばこの葉を燃焼させずに加熱することで煙を大幅にカットしているのが特徴です。ただ、副流煙がないかと言われると少なくなっているだけで実際にアイコスを吸っている人の半径2mあたりでは非常に強烈な臭い(えぐみのある芋を焦がしたような臭い)がします。

一方、VAPEと呼ばれる電子タバコVAPEは、リキッドと呼ばれる液体を気化させることで香りを楽しむ嗜好品です。

VAPEには、一切ニコチンなどの有害物質が含まれていませんので健康を害するといった心配はありません。

ニコチン入りリキッドが存在する?

海外では、ニコチン入りの電子タバコを楽しむことができます。つまりニコチン入りのリキッドが存在します。日本ではニコチン入りリキッドは法律で販売することが禁止されていますので日本国内で購入することはできません。国内でニコチン入りリキッドを販売すると違法にあたります。

ただし、個人使用のために個人輸入をすることは認められています。実際にネットで多くの個人輸入代行業者がニコチン入りリキッドを販売しています。

ニコチン入りリキッドは危険

なぜニコチン入りの電子タバコはよくて、ニコチン入りリキッドはダメなのでしょうか?

それは、ニコチン入りの電子タバコ アイコスやプルームテックはタバコの葉の形状をしていて、一方ニコチン入りのリキッドは液体の状態です。

つまりリキッドを誤飲すると死亡事故などが発生する可能性が高いからです。子供がタバコの葉を食べたというニュースもありますが・・・・。しかし液体のほうがより危険なのは明白ですね。タバコの葉は、もし胃に入った場合でもニコチンが吸収されるまで時間がかかりますがリキッドの場合は、ニコチンの量も多く、また急激に吸収されるため危険性が高いのです。

ニコチン入りリキッドは輸入代行すれば手に入る?

ニコチン入りリキッドの国内販売は禁止されていますが、個人使用のみの目的で個人輸入することは許可されています。1ヶ月以内で120mLという制限があります。

また輸入代行を使って購入する場合はどうでしょうか?

厚生労働省公式サイトのQAに掲載されているのがこちら

Q 個人輸入代行業者を介して海外から医薬品などを入手することは、薬事法上は問題ないですか。

A 最近、個人輸入代行と称して、外国製の医薬品や医療機器を広告して、それらの購入を誘引する仲介業者がいます。
しかし、日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは、違法な行為です。また、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、全て購入者の責任とされます。
こうした悪質な業者には、くれぐれもご注意ください。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/faq.html

参考サイト

ニコチン入りリキッド専門個人輸入代行業者 Mr.リキッド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

VAPE口コミサイトをチェックしてから購入することをオススメします。