Frienbr ONEの使い方とみんなの口コミ

スポンサーリンク

Frienbr ONE 使い方

Frienbr ONE」は、女性に大人気急上昇中のペンタイプ式VAPEになります。
本体とアトマイザー部分を一体型にすることで、これまでの商品よりも
さらに使いやすくなりました。

では、使い方をご説明していきます。
本体と一体型になったアトマイザーの蓋部分を回して開けてます。
タンク内にリキッド(フレバーとなる液体)を注ぎ込みます。

パフボタンを5回押すと電源がONになります。
(同様に電源がONの状態からパフボタンを5回押すことで、電源がOFFになります)
あとは、パフボタンを押しながら蒸気を吸うだけ。
たったこれだけの作業となります。

また、「Frienbr ONE」ではパフボタンひとつで
煙(蒸気)の量や、味を変化させることができます。
例えば、「煙の量をもっと増やしたい」「味をもっと濃くしたい」
といったように、自分好みに調整して吸うことが可能なのです。
こちらはランプの色で設定されています。
初期状態は緑色のランプが点灯します。
3回押す毎にランプが、緑→青→赤というように変化していきます。

緑:味濃いめ、煙少なめ
青:味やや濃いめ、煙やや多め
赤:味薄め、煙多め

お好みのランプに合わせたら、パフボタンを押しながら吸いましょう。
また、アトマイザー部分にエアフローが2つ付いていますので、
こちらを回して煙の量を調整することもできます。

Frienbr ONE 特徴

「Frienbr ONE」の特徴は、アトマイザー部分にあります。
従来のVAPE商品では、アトマイザーの蓋を外した際、
コイルは本体にくっついたままの状態になっていることが主流でした。
これによりリキッドを注入する時に、コイル部分に液が入らないよう
慎重に注ぎ込まなければならず、ストレスに感じていた方も多いかと思います。
しかし「Frienbr ONE」では、アトマイザーの蓋を外すと、
なんと蓋部分にそのままコイルがくっついて外れるようになりました。

これにより、本体部分には何もない状態となり、
コイルに気を遣うことなく、リキッドを簡単に注ぐことを実現させました。

またペンタイプ式では、どうしてもアトマイザーの隙間から
「液漏れ」がするという難点もありました。
しかし、これも本体とアトマイザーを一体型にしたことにより
隙間を無くし、液漏れの改善を成功させた優秀な商品となっています。

Frienbr ONE 口コミ

Frienbr ONEの口コミで、どんな方におすすめの電子タバコなのか見ていきましょう。

「形がスマートでオシャレ感が高い。」

「フレンバーをスマホのように常に持ち歩く、ファッションとして
楽しみ方をする人が多くなるように思う。」

「煙が適度で、吸いやすい。」

「煙の量が多すぎず、ちょうどいい。」

「自分的にフレンバーは味重視のイメージがあります。」

国内生産だから安心です。」
といったように、まずファッション性の高さが多く上げられていました。
またフレンバーは、煙の量ではなく味を重要視した商品になっています。
そのため、男性向きの爆煙系を好む方にはおすすめではなく、
女性向けでオシャレな商品であることがわかります。
たとえば外出時、喫煙の場所であまり煙をモクモクさせたくない方や、
本体がスマートで、周りに気を遣わずに楽しみたい方にもおすすめです。

VAPEの商品はアメリカ製のものが非常に多い中で、日本製というのも
1つの特徴です。
本体もリキッドも日本製なので、やはり口にするものですから
安心という点においては、高い評価を得ています。

このように、VAPEを始めてみたいけど爆煙や喫煙所で吸うのに抵抗がある。
あまりゴツゴツした本体を持っていると周りの目が気になる。
どうせ持つならオシャレを重視したい。
煙より味を重視したい。
安心面において国内の商品を選びたい。
といった女性や初心者の方には、非常におすすめできる商品だと思います。
これからVAPEデビューを考えている方には、
是非「Frienbr ONE」をお試しいただきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

VAPE口コミサイトをチェックしてから購入することをオススメします。
スポンサーリンク