フレンバーから強烈なVAPE登場!

eleaf istick picoの使い方&レビュー

eleaf istick pico kit

→ picoを購入するなら10本リキッドとバッテリーがついたここが一番お得でした

eleaf istick picoの1番の特徴で好きな点は、とにかくかわいいことです。

とても愛着のある可愛らしいフォルムでポケットに持っているだけでちょっと嬉しくなってしまう可愛らしさ。それに持った感じがズシッと心地よい重みと高級感。電子タバコはおしゃれじゃないとね~。
そして、そこまで大きなサイズのVAPEではないのに75Wまで出力できるMODが付いていて、小さいくせにパワフルに使えるのです。

出力が高いと何がいいかというと

・爆煙になる

というのが一番の魅力です。

初心者の方は、30Wで十分ですけどね~
小型のMODが好みの方には是非おすすめしたいVAPEです。

istick pico商品ページを見てみる

eleaf istick picoの使い方

picoの使い方は、そんなに難しくありません。

istick picoのバッテリー充電方法

まず、上蓋を空けて、電池を入れます。電池は別売りになっているときがあるから購入するときは電池付きかどうかチェックしてね。

電池の向きは、ツルツルしたほう(マイナス)が上になるように。蓋の裏にもマイナスの表示がしてあります。

電池が入るとこんな感じに横のモニターが付きます。かっこいい~~~

とりあえず満タンに充電してあげましょう。

本体にUSBを挿します。アンドロイド携帯の充電器でOKです。

コイルにリキッドを染み込ませる

ここが重要な作業になります。コイルに直接リキッドを染み込ませます。こうしないとコイルが焦げてしまってアウトです。

コイルは、アトマイザー部分の吸口と反対側をひねってあげると取り出せます。最初はちょっと力がいります。ゆっくりと外してあげましょう。コイル交換の場合も同じように取り外せばOKです。

上画像のようにメッシュ部分に数滴垂らして全体が染み渡るようにリキッドを垂らしてくださいね。

コイルの横に4つ穴が空いていますので、そこからもリキッドを垂らしてあげます。

黄色のは、ただの土台です^^;

リキッドを上画像の外側の隙間部分に注ぎます。真ん中に注がないようにしてくださいね。

リキッドの量は、とりあえずこれくらいにしておきましょうか。まだ余裕はあります。

ここでも10分ほど置くと安心です。

温度管理

picoには次のようにいくつかの温度管理モードがあります。

コイルの種類で変更していきます。

wattage

Bypass

TemperatureNi

TemperatureTi

TemperatureSS

TemperatureM1~3

付属してあるコイル(EC head 0.3Ω)はwattageモードで使用します。まずは30Wで試してみて下さい。

ファイアボタン(横の大きなボタン)を1秒ほど押しましょう。初めは1秒押してジュルジュルという場合は、0.5秒ほど押して吸う みたいに徐々に慣れるといいです。

少し様子を見ながら吸って下さい。0.5秒ほどでも煙の量に驚くと思います。

初期に設定している内容の変更方法は本体の電源が入っている時に、ファイアボタンを3回押した後+ボタンと-ボタンでお好みの設定を選びファイアボタンで決定します。
TCモードの際には、ファイアボタンと一緒に+ボタンを長押しすることで抵抗値のロックをかけることができます。

さらにはTCモードの際にファイアボタンを4回押すことで上限のワット数を変更することも可能なのです。

詳しい組み合わせは、説明書に書いてありますのでじっくり読んで楽しんで下さいね。
picoの操作方法はとても明確で簡単です。

eleaf istick picoのレビュー

まずpicoの操作性についての評価ですが、+ボタンと-ボタンがボトム側についているためか、少し操作性に難があるように感じました。

たびたびワット数の変更をしない方なら問題ないですが、ワット数の変更を比較的多く行う方には変更を繰り返し行うことで大きなストレスになるように感じるので、リキッド等をよく変える人には向いていないかもしれません。
ただ、それを補うくらいの可愛らしいフォルムを備えているし、他のVAPEに比べ大きくないのにとてもパワーがあり、小さい本体に可愛らしさとパワーを兼ね備えた秀逸なVAPEです。 何度も言いますが、この大きさで75WをだせるMODはなかなかありません。

初心者に是非ともおすすめしたいVAPEです。最近ではピコレジンというおしゃれなバージョンも出ていますよ。

istick pico商品ページを見てみる

eleaf istick picoのメンテナンス

eleaf istick picoのコイルは焦げ臭くなったら交換しないといけませんので、多めに持っておくとよいです。

picoのコイル交換時期は約1ヶ月程度。

eleaf istick picoのコイルの種類

→ 5個入りで1650円(税込・送料無料)とお手頃価格

アトマイザー(リキッドの部屋とコイルがある部分)は、MELO3 mini というアトマイザーが付いてますのでそれに対応したコイルを選びます。

・EC HEAD 0.3Ω

・EC HEAD 0.5Ω

・Ni 0.15Ω

・Ti 0.5Ω

コイルが4種類あって、好みでお選びいただける仕組みです。はじめのうちは抵抗値が高めのもの(EC HEAD 0.3か0.5がオススメ)

istick picoのバッテリーの予備とバッテリー専用充電器があると便利なので予め買っておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

VAPE口コミサイトをチェックしてから購入することをオススメします。