誤解されやすい電子タバコの発がん性

電子タバコ良い?悪い?

電子タバコの害と安全性

電子タバコの発がん性

人気の高い電子タバコ発がん性物質がない、安全な商品と広まって使用している人が増えていますが、本当に電子タバコは安全なのでしょうか。まだ使っていない方は少々不安も残っているのではないでしょうか。

 

大体タバコの怖いところの多くは肺への影響が一番怖いところです。

よく知られているのが肺というだけで有害物質は血液中を回っていくので体すべてに被害を与えてしまってもおかしくないのが実際のところです。

普通のタバコはニコチンやタールの数値は表示されていますが、タバコを吸った後の煙に含まれる一酸化炭素も怖い物質です。これは自分だけでなく周りの方にも影響が出てしまう有害物質です。タールから考えると完全に発がん性物質を含んでいます。これに含まれるベンゾピレンやアミン類という物質が関係してきますから明らかな証拠です。

 

ニコチンには発がん性物質は含まれていない!?

又、あまり知られていないのがニコチンには発がん性物質が含まれていないことです。タールとニコチンはセットのように考えられているのでここが悪いところではあります。

ただ、タールとニコチンはタバコにセットで入っていることでタールの発がん性とニコチンに含まれている依存効果がある作用が危険なのです。

タールをニコチンで依存にしてしまっていることとなっていますから、これは本当に危険な行為です。ニコチンは依存だけでなく毒性も強いのでこれだけでも危険物質といえるでしょう。

電子タバコの種類によって発がん性が違う

発がん性があるタールが含まれる電子タバコはアイコスやプルームテック、グローなどの加熱式電子タバコです。

タールがどれくらい含まれているかは、測定基準が定まっておらず公表する義務がないために分かりません。

ですから、加熱式電子タバコは害が少ないというのは正しい情報ではありません。

一方、VAPEと言われる電子タバコや使い捨て電子タバコで使用するリキッドにはタールは含まれていませんので発がん性は確認されていません。

 

電子タバコに一酸化炭素は含まれるのか

一酸化炭素にも気をつけましょう。タバコの煙からは一酸化炭素が発生しますが、これも危険です。これを吸ってしまうことで酸欠状態に陥ってしまう事になります。胸が苦しくなったりと体が反応します。血液中を回っていくので色々な臓器に回ることも考えられますからできれば控えておいた方がいい物質になります。結局は普通のタバコにはこれだけに危険物質がありますが、電子タバコにはこれらの物質は一つもありません。

ストレスを発散する目的のために使われるなら危険の少ない電子タバコをおすすめします。