誰でもすぐ実行できる電子タバコで禁煙を成功させる方法

電子タバコで禁煙

使い捨て電子タバコとVAPEを併用

わたし個人の体験談ですが1日20本のタバコを20年以上吸い続けていましたが、2020年にオリンピックを控えているせいか日に日に喫煙出来る場所がなくなり、思い切って禁煙しました。

私が使用したのはスティックタイプの使い捨て電子タバコと、VAPEという通称MODと呼ばれる電子タバコの2つを使い分けていました。

スティックタイプの使い捨て電子タバコは吸いながらビタミンやコエンザイムQoo10などの美容成分まで摂取する事が出来て、一本で500回も吸えるので経済的。

最近では1,000円程度で購入出来るので10本程度フレーバーを変えてストックしています。

 

また、2つ目のVAPEは電子タバコになるのですがリキッドを数種類のフレーバーを揃えています。こちらもフレーバーが豊富でVAPE本体のデザインも可愛いので女性にはお勧めです。

 

使い捨て電子タバコのおすすめランキング

電子タバコと本物のタバコとの違い

禁煙にはやはり根気と強い意志が必要です。禁煙アイテムにもそれぞれ欠点はある様で、使い捨て電子タバコは身体に安全な気がして使っていて安心感はあったのですが、出てくる水蒸気の量が少なく、使っていて物足りなさを感じました。

その点で言えばVAPEの電子タバコの方がしっかりした吸い心地で良かったです。

タバコと銘打っているものの、やはり本物とは違うので、慣れるまではこれでも物足りなさを感じ、吸いたいという欲求がなくなるまで大分時間がかかった気がします。

わたしの場合はニコチンなしリキッドを使用していますがほとんどの方がニコチン入りリキッドを使用していますね。

 

禁煙を成功させるための意思の強さ

最終的に禁煙を成功させるためには自分自身の意志!ということになりますが、長い間喫煙を続けてニコチン中毒になってしまうと、なかなかやめられないというのも分かります。

 

そこで禁煙をしているということを、なるべく多くの人に宣言して喫煙できない環境を作るのもひとつの方法かと思います。

 

その他にも環境を作るには灰皿やライターなどを思いきって捨ててしまうのも良いかと思います。禁煙を決意したら、なるべくお酒も飲まない様にした方が良いでしょう。

また、徐々に減らして行くというのは、あまり有効ではない気がします。一本だけ、というのも気が緩んでしまう原因になりますので、禁煙するならキッパリとやめてしまう事をお勧めします。